良好な人間関係を構築するコツを認知バイアスの視点から解説

この記事で伝えたいこと

人間関係で悩んでいませんか?

一説によると、人間の全ての悩みは人間関係と言われています。

このページでは、良好な人間関係を構築するために有効な認知バイアスについて紹介します。

このページを読んだ方の人間関係の改善に少しでも役に立てば嬉しいです。

良好な人間関係を構築するために有効な認知バイアス

初頭効果

初頭効果とは、最初の印象や意見がその後を左右するという効果です。

良好な人間関係を構築するための第一歩は、第一印象を良くすることです。第一印象をよくすることで、初頭効果が発揮され、その後の関係性に良い影響が期待できます。

第一印象を良くするためには、当然ですが「あいさつ」「礼儀」「感謝」「笑顔」のような基本的なことをきっちりすることが基本です。

内集団バイアス

内集団バイアスとは、自分が所属する集団のメンバーに対して肯定的な評価をしたり好意的な態度を示したりすることです。

「同じ趣味を持っている」「出身地が同じ」「母校が同じ」といったいった共通点があると、その人と仲良くなりやすいと感じることはありませんか?共通点があることにより「内集団バイアス」が働き、親密な関係性を構築しやすくなります。

相手と会話する中で共通点を積極的に探し、共通点があることを相手に伝えることで「内集団バイアス」が発揮されやすくなります。

返報性の原理

返報性の原理とは、人から何か施しを受けた際、ポジティブな行動で返さなければいけないと思う傾向です。

良好な人間関係を構築するためには、その相手と接点を持つ必要があります。そのために有効な方法の1つとして、「相手に対して自分から何かをしてあげる」という方法があります。そうすることになり、「返報性の原理」により相手も何かを行動でお返ししなければならないと考え、関係性が継続されます。

まずは自分から働きかけることが大切です。

カチッサー効果

カチッサー効果とは、理由を添えると承諾・承認を得やすくなるという効果です。人に何かをお願いするときに、理由を説明すると、たとえその理由が真っ当な理由ではなかったとしても承諾されやすくなります。

良好な人間関係とは、お互いが協力し合える関係と言えます。協力し合える関係とは、何かを依頼して手伝ってもらったり協力してもらえるような関係性です。

何かを人にお願いする時に役立つのが「カチッサー効果」です。「カチッサー効果」を理解して活用することで良好な人間関係を築きやすくなります。

単純接触効果

単純接触効果とは、繰り返し見聞きしたものに対して好みや親しみが増す現象です。

良好な人間関係を構築するための最も単純で効果的な方法は、接点を増やすことです。接点が増えることで「単純接触効果」により、親しみが増します。

「内集団バイアス」「返報性の原理」「カチッサー効果」などを活用して接点を増やすことで、「単純接触効果」により親密な関係が構築されます。

感情ヒューリスティック

感情ヒューリスティックとは、好き嫌いによって判断が決まってしまう現象です。

上記の「単純接触効果」により親密な関係性が構築されれば、あとは「感情ヒューリスティック」によって、だいたいのことは上手くいきます。

まとめ

この記事では、良好な人間関係を構築するコツを認知バイアスの視点から解説しました。

これらの認知バイアスを活用すれば、良好な人間関係を構築することがきっとできます。

ただ…そこまでして良好な人間関係を築きたいのか、しっかりと考える必要があります。人間関係構築の目的が「出世」や「優越感」のような自己満足の場合、きっと上手くいきません。

人間関係を磨く暇があったら、人間性を磨いた方が絶対に良いです。私はそう考えて生きています。